インスリン治療を行わなければならなくなる前に行いたい血糖値対策とは

インスリン治療を行わなければならなくなる前に行いたい血糖値対策とは

●インスリン治療を行わなければならなくなる前に行いたい血糖値対策とは

 

糖尿病の治療法で一般的なのが、インスリン注射です。それでは、どういった時にインスリン注射が必要になるのでしょうか?

 

インスリン注射と血糖値について

 

原則的には、重い糖尿病とでもある、1型糖尿病であるとインスリン注射を行います。この、1型糖尿病とは、インスリンの分泌がきちんと行われず、体の中のインスリンがとても減ってしまっている状態です。ですので、外部からインスリンを取り込む必要性があるほど命に関わる段階なので、インスリン注射が必要不可欠なのです。

 

また、内服薬で効果が見られなかった場合や、副作用の影響で薬が服用できない場合など、色々なパターンがありますが、インスリン注射の必要性がある程重い症状なのは確かです。

 

このインスリンですが、口から取り込むと途中で分解されてしまうデメリットがあるので、今のところは注射以外では体の中に取り込む方法は見つかっていません。ですが、注射だからと不安になるかもしれませんが、今はペン型のとても細い針で注射が打てるので、思っているよりは痛みはすくないでしょう。

 

・インスリン治療が必要になる前に

 

インスリンを開始してしまうと、生涯を通して付き合う必要があるように思われがちですが、これは自身でインスリンの分泌が出来ない間だけ使用するもので、これによって数値が安定すれば、安定している間は使う必要がありません。しかし、悪化してしまうと、自身でインスリンを分解する事は困難で、長期的に付き合う必要があることがほとんどだそうです。

 

インスリン注射は、原則的には毎食前・就寝前の計4回打つ必要があります。(しかし、人によって回数が異なる場合もあります)

 

何らかの食事会などの際には、食事の前に打つ必要がありますし、正しく保管し、毎度毎度針の取り換えを行ったり、打つタイミングを測ったりと、なかなか煩わしく思えるかもしれません。しかし、食前に行わなければ低血糖になるので、決して忘れてはいけません。

 

ですので、可能な限りインスリン注射の必要性が出る前に、食事管理をしっかり行ったり、血糖値を下げる成分が配合されているサプリメントを摂取するなど、早期の対策が重要になってくるのです。