ヘモグロビンA1Cを改善するための生活習慣

ヘモグロビンA1Cを改善するための生活習慣

改善するための生活習慣について

 

検査を行いヘモグロビンA1Cの数値が高かったら、これを改善するためにどういった生活習慣を行うと良いと思いますか?

 

糖尿病はなぜ起こるのかと言うと、血糖値が高い事から生じます。即ち、血液の中の血糖量を減少させることが大事なのです。血糖の最もの原因は炭水化物を摂る事です。そうすると、炭水化物を摂るのを出来るだけ減らすことが大事です。

 

無論、糖尿病の程度により改善方法は違ってきます。もしも7%以上の数値ならば、専門医の指示のもとで治療を行うべきです。

 

もしも6%程度の自身の努力で改善が可能な範囲ならば、意識して生活習慣を変えていきましょう。

 

ヘモグロビンA1Cを下げるには

 

・一押しはウォーキング

 

上記にある「炭水化物の摂取を極力控える」は、一番効果的な方法です。1ヶ月間きちんと炭水化物を控えると、しっかりと効果がわかるでしょう。

 

ですが、私たち日本人は炭水化物の摂取が日常であり、摂らないことがストレスになったりもします。現にストレスも糖尿病にとっては厄介な相手で、ストレスを感じると人は糖を出すそうです。それによって、糖尿病が悪化するケースもあるそうです。

 

ですので、炭水化物を避けることによってストレスになるのならば、可能な限り摂る事を控え、食事の後の30分をウォーキングに充てると血糖値の上昇を抑えられます。ウォーキングは、散歩のようにゆっくりと行うのではなく、多少早歩き程度の速さを意識してください。激しい運動を行うと、お腹が空いてしまい食べてしまったり我慢でストレスがたまったりすることもあるので、軽い運動を心掛けましょう。

 

他にも、サプリメントや健康食品を取り入れるのも良いでしょう。田七人参や高麗人参などは、ヘモグロビンA1Cを下げる働きが見込めると言われており、これらが配合されたサプリメントなども多く見かけるようになりました。気になる方は意識して摂ると良いでしょう。