ヘモグロビンA1Cは血糖値とどう違うのか

ヘモグロビンA1Cは血糖値とどう違うのか

血糖値とどう違うのか

 

血糖値とヘモグロビンA1Cの違いはご存知ですか?ご存知ない方の為に、ご説明します。

 

・血糖値とヘモグロビンA1Cは、どっちを気にしたらいいの?
糖尿病とは、血液の中の血糖の量(ブドウ糖)が多い状態が継続する事です。即ち、「血糖値が高いと糖尿病で、低いと大丈夫」と思っている方も多いかもしれませんが、それは少し違うかもしれません。

 

そのわけは、どんな方でも食事の後は一時的に血糖値は上がります。糖尿病の検査で、血糖値はほぼ必ずといっていいほど検査をしますが、検査を行う時間や直前に摂った食べ物の量、食事の内容などにより、血糖値は左右されます。

 

ですが、ヘモグロビンA1C(HbA1C)の検査に至っては、食事の影響を一切受けません。ここが、血糖値とヘモグロビンA1Cの最も違う点でしょう。

 

・ヘモグロビンA1Cはなぜ食事の影響を受けないのか

 

ヘモグロビンは血糖と結びつくのが特徴です。そうすることで、ヘモグロビンA1Cとなります。

 

本来、ヘモグロビンは赤血球に含まれているのですが、赤血球の寿命がおよそ4ヵ月で、血液に流れて体中を行き渡っていれば、同時にヘモグロビンも体中を行き渡っています。その時、血液に含まれる不要なブドウ糖と結びつくのです。

 

即ち、血糖値の状態が継続すればするほど、ヘモグロビンは多くの血糖と結びつき溜まっていきます。ですので、ヘモグロビンA1Cの値が高い=たくさんの血糖が血液の中に居た、と言う事なのです。

 

赤血球の寿命はおよそ4カ月ですが、その半分を超える量が1〜2ヵ月前のもので、即ちヘモグロビンA1Cの値は過去1〜2ヵ月のものと言う事です。もし食事をした直ぐ後に検査をするため、食事をせずに沢山運動をしてから測ろうと思っても、過去1〜2ヵ月の血糖の状態が明らかになってしまうので、糖尿病治療としても非常に注目をされている値なのです。