ヘモグロビンA1Cが高いと表れる症状や疾病

ヘモグロビンA1Cが高いと表れる症状や疾病

ヘモグロビンA1Cの数値が基準値以上になってしまった際の症状を、数値ごとに詳細に説明していきます。

 

ヘモグロビンA1Cの数値と合併症の関係性について

 

・5.8%〜6.4%(国際基準値は5.4%〜6.1%)

 

上記の数値は、糖尿病予備軍でもあります。即ち、今後糖尿病になるリスクが高いと言う事になります。それは、今のところインスリンの分泌が正確に出来ていないと言うことで、年齢を重ねるにつれて分泌力が衰えてくるので、高確率で数年以内には糖尿病と診察されるでしょう。

 

どう対処したらいいかですが、まずは専門医を受診し、少なくとも1年に1回は検査を行う事です。他にも、栄養士の指示に従った食事をしたり、糖尿病食を自身で学んで実行するなど、食事の改善を行う事です。また、ヘモグロビンA1Cを下げる原料が配合されているサプリメントなども販売されているので、上手に使ってみるのも良いでしょう。

 

 

 

・6.5%〜6.9%(国際標準値は6.2%〜6.8%)

 

この数値は、合併症の危険性はさほどまだ高くないと言われる数値ですが、何も対処せずに放置して生活を送っていると、数年後にいつの間にか数値は上昇し、8%を超えるということも考えられます。

 

とうに糖尿病なので、インスリンの分泌はとても衰えています。その状態のまま血糖値が高い生活を送り続けていると、感染症などとの少しの発端で突然血糖値が上昇する可能性もあります。

 

血糖値が高いとインスリンの効果も衰えてしまいます。血糖値がより高くなると言う負のサイクルとなってしまう危険性があるため、早急に対処が必要です。

 

どう対処したら良いかですが、まずは専門医を受診。これは基本中の基本です。そして、食事管理や適度な運動を行って、薬を服用したりサプリメントを摂ることを生活に組み込みましょう。

 

・7.0%〜7.9%(国際標準値は6.9%〜8.3%)

 

最早重度の糖尿病の数値です。この数値になってしまっているのなら、何か対処は行っているでしょうが、もしも何も対処をしていないのならば、近いうちに8%を超える数値(国際標準地は8.4%以上)になる危険性がとても高まります。

 

中でも7.4%以上になっているのならば、早急に対処をする事が求められます。自身で食事管理をしよう、では対処が追いつかない状態になっているのです。合併症の危険性が非常に高まっています。

 

直ぐにというわけではありませんが、網膜症、神経障害、腎症などの合併症の危険性があり、また心筋梗塞や脳梗塞、ガン、足壊疽などのリスクが一気に上がります。

 

どう対処したら良いかですが、早急に専門医を受診してください。無論、自身で行える対処も大事ですが、栄養管理、適度な運動、サプリメントなどを取り入れることも大事です。

 

・8.0%以上(国際標準値は8.4%以上)

 

この数値になってしまっている方は、もう病院を受診していることでしょう。その理由は、このまま放置していると、合併症の危険性がとても上がります。

 

5年前後に、足のしびれや感覚麻痺が生じ、痛みを感じることもあります。10年前後には目が見えにくくなったり、悪化すると失明の可能性もあります。

 

13年前後には、腎不全が引き起こり、人工透析が必要になります。透析をしないと、およそ半月で命を落としてしまいます。透析を行ったとしても、多くの方が10年生きることが難しく、半数の方は4年生きることが難しくなります。

 

心筋梗塞、脳梗塞、ガンのリスクも一気に上昇するので、この数値を超える方のほとんどは長生きが出来ないでしょう。

 

どう対処したら良いか、ですが、当然専門医を受診する事です。すぐさま治療を始めることが大事です。治療によっては数値を下げることが出来たら、合併症の危険性も減らすことは可能です。

 

ヘモグロビンa1cを下げる!おすすめサプリはこちら