超えてしまうと恐ろしいヘモグロビンA1Cの基準値

超えてしまうと恐ろしいヘモグロビンA1Cの基準値

超えてしまうと恐ろしい基準値

 

ヘモグロビンA1Cの基準値のご説明をします。血糖値とは異なり、ヘモグロビンA1Cは食事や検査を行う時間帯等には影響されないので、どれだけ基準値を維持するかが大切になってきます。

 

ヘモグロビンA1Cと血糖値の基準値について

 

一般的な正常値は5.8%(しかし国際標準値は6.2%)で、この数値を超えてしまうとリスクは上がってきます。

 

糖尿病合併症の症状が生じる数値は、6.5%を超えてからと考えられています。

 

年代別平均値は
20代・・・男性:5.3%、女性:5.2%
30代・・・男性:5.4%、女性:5.4%
40代・・・男性:5.4%、女性:5.5%
50代・・・男性:5.8%、女性:5.7%
60代・・・男性:6.1%、女性:5.9%
70代・・・男性:5.9%、女性:5.8%

 

となっています。

 

ヘモグロビンA1Cの正常値と合併症の危険性について

 

糖尿病の恐ろしいところは、合併症を引き起こす事で、悪化すると足を切断しなければならなくなったり失明する事もあります。

 

このような危険性をなるべく避けるよう、検査によってヘモグロビンA1Cの数値を計測し、その数値をどれだけ正常値に近づけるかといった治療を進めることになります。

 

基準値を大きく超えてしまった状態で放置していると、合併症のリスクが着実に高まってしまいます。

 

もうすぐ検査があるから気をつけなければ、ではなく、普段から数値を下げるような日常生活を心掛け、6%といった数値にまでにならない頑張りが、自身の健康をキープする最もな手段なのです。