田七人参

田七人参

ヘモグロビンA1Cの値を下げる効果が期待出来ると言われている田七人参について説明していきます。

 

田七人参のヘモグロビンA1Cへの働き

田七人参とは、育つまでに3〜7年必要になることや、3つに葉の茎が分かれており、それぞれ7枚の葉がついていることから、三七人参とも言われています。黒褐色でごつさのある見た目は、いつも食べている人参とは全然違います。

 

これは。ウコギ科の薬用人参の仲間で、古くから常備薬として重宝されていたほど高い効果を持ち、止血、血流アップ、活性酸素の除去、免疫力向上、肝臓疾患、高血圧など、色々な症状に効果的と言われてきました。ベトナム戦争の際には、兵士の手当てにも活用されたそうです。ですので、不老長寿の効果も見込め、お金に変えられない価値があると言われ、「金不換」とも言われていたそうです。

 

ですが、収穫した後の土壌は先10年は使い物にならないと言われているので、生育も非常に大変で、大量生産は難しく、とても希少価値の高いものです。

 

田七人参には、高麗人参の7倍にもあたるサポニンが含まれており、田七人参の身が持つ独自の成分の田七ケトンも高い効果を持つと考えられています。

 

サポニン

サポニンには、高い抗酸化作用、血行促進、抗菌・殺菌、抗アレルギー・抗炎症、などの働き、免疫力アップなどの効能があります。ですので、脂肪が参加するのを予防し、動脈硬化予防に繋がり、生活習慣病の予防やダイエット、血圧を下げる、花粉症の緩和、風邪の予防などといった様々な効果が望めます。

 

特に私が気になっているのが、「血糖値をコントロールする力」を持っている事です。現にサポニンは、インスリンと同様の働きがあると考えられているので、インスリンの分泌が衰えている人には普段から意識して摂って頂きたい成分です。

田七ケトン

血流量を増量し、血流改善効果が見込めるので、心臓への負担が減り、冠状動脈疾患や心筋症などに効果が見込めます。他にも、血液浄化、中性脂肪やコレステロールの減少、ダイエット、成人病の予防などにも効果的と言われています。また、利用作用もあり、腎臓の負担を軽減することにより、糖尿病の方にも進めたい成分です。
即ち、田七人参は、止血、血流改善、血液浄化、肝臓の再生能力向上、更年期障害、ダイエット、ガン世豪、冠状動脈拡張。利尿作用など、様々な効果があります。ですので、糖尿病のみでなく、更年期障害、痛風、コレステロールや中性脂肪が気になる方、血圧が高めの方、肝臓の不調、自律神経失調症などに心当たりがある方に特にお勧めしたい成分なのです。