ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼのヘモグロビンA1Cへの働きを見ていきましょう。

 

なぜナットウキナーゼがヘモグロビンA1Cに効果的なのか

 

ナットウキナーゼという成分の名前は、耳にしたことがありますか?これまでに耳にしたことのない人でも、成分の名前から納豆と関わりがあることは容易にわかるかと思います。

 

まさに、ナットウキナーゼは、納豆が持つ酵素の仲間です。フィブリンタンパク質を分解する働きを行います。

 

このフィブリンタンパク質は、血栓が出来る原因と考えられているので、これを分解する働きがあるため、血栓の改善、生活習慣病予防の効果が望めます。他にも、血圧を下げたり、血液さららさ効果、血流改善の効果も望めます。

 

ナットウキナーゼの血栓誘拐効果は、嬉しい事になんと12時間も持続可能だそうです。なので、毎日夕飯に納豆を食べることを習慣づけることがお勧めです。

 

無論、納豆は大豆から出来ているので、栄養もたっぷりで、非常にヘルシーな食材でもあります。なので、納豆が苦手でない人は、納豆を意識して摂る事を習慣づけると、更にたくさんの効能が期待できますよ。

 

下から納豆が得意でなくて、日常的に摂るのが気が進まないと言う方は、サプリメントで摂ると良いですよ。

 

ヘモグロビンA1Cや血糖値などが気がかりな方は、進んで摂る事をお勧めします。