睡眠がヘモグロビンA1C対策に効果がある?

睡眠がヘモグロビンA1C対策に効果がある?

●睡眠がヘモグロビンA1C対策に効果がある?

 

現代社会に生きる人には、睡眠の悩みを持つ人が多くいるのが現実です。眠りが浅い、なかなか寝付けない、寝ている間に何度も起きてしまう、など。心上がりがある方はいませんか?

 

なんと、睡眠の質を上げることで、糖尿病や血糖値が改善される事も良くあるそうです。

 

調査によると、不眠の症状が見られる人は、糖尿病や高血圧になりやすく、不眠の症状が無い人と比べると、実に2倍もの違いがあるそうです。不眠の症状が改善されると、糖尿病や高血圧が改善されるケースもあるのが、研究からわかっているそうです。

 

もしかすると、糖尿病の方でかかりつけ医から、睡眠障害について聞かれることもあるかもしれません。また、聞かれなくとも、かかりつけ医に睡眠障害について相談するのもいいかもしれません。それによっては、睡眠の質を上げる治療を行い、血糖値や高血圧が改善される可能性もあります。

 

自身で行える、睡眠の質を上げる方法としては、「寝室を暗くして静かにして寝る」「睡眠の直前までテレビを見たり携帯の画面を見ない」「普段から適度な運動を行う」「眠気を感じたらすぐに寝室に行く」「寝る4時間程前からはカフェインの摂取を避ける」などです。
もしもこれによって睡眠の質が上がり、血糖値や高血圧の改善が見られたら嬉しいですよね。

 

睡眠の質が気になる方は、実践してみると良いでしょう。

 

一つ器をつけたいのが、アルコールです。寝る前にアルコールを飲む方がいるかと思いますが、アルコールは睡眠の質を低下させる事がわかっています。また、寝る前のアルコールが癖になると、アルコール依存症になる可能性もあります。それに、アルコールの利尿作用で寝ている間に起きてトイレに行ったりしていると、なかなかぐっすり眠れません。
他にも、血栓が出来やすくなったり、血液濃度が上がったり、いびきをかいたり、無呼吸諸侯群のリスクが上がる等、たくさんのデメリットがあります。
寝る前にアルコールを飲むのは避けるべきです。